*

 

引っ越し屋ランキング!おすすめしたい評判の引っ越し業者

当サイトは引っ越しをこれからする、引っ越しを検討していて引っ越し業者の選び方がわからない。という方に向けた引っ越し情報サイトです。

引っ越しはそう頻繁にするものではないので、いろいろわからない事があると思います。初めての方でもわかりやすく解説していきます。

引っ越し業者選びのコツ

引っ越しをする!という事になったら、まず初めに引っ越し業者を選ぶところから始まりますよね。ここでは経験から引っ越し業者の選び方のコツを紹介したいと思います。

最初に見積もりを取ることが大切

どんな基準で引っ越し会社を選ぶ際でも、最初にかなら複数の業者から見積もりを取ることはとても大切なことです。

複数の業者を比較しなければ、どこがどんなサービスをしているのかが分かりませんし、料金が業者ごとに異なるということも比べることができません。自分にとって必要なサービスを提供している業者を探し、その中から安く高品質のサービスを提供してくれる業者を見つけるためには、かならず最初に引っ越し一括見積を利用することをおすすめします。

一括見積サイトはネットで探すとたくさんあり、全国規模をカバーしている所から特定の地域のみを網羅しているものまで様々です。基本的に見積サイトは完全無料で利用できますし、見積もりを依頼すると業者から素早く連絡が来るので、イライラしながら待つという心配はないでしょう。

それに、複数の業者へ見積もり依頼を出すので、連絡が来るのにあまり時間がかかるような業社なら、利用せずに他の業者を探したほうが良いという判断材料にもなります。

何を最優先にしたいかを決める

引っ越し会社は、いろいろなサービスを利用すればするほど料金は高くなります。

少しぐらい高くても良いから自分自身の手間や時間、労力を少しでも節約したいという場合には、サービスが充実している引っ越し会社を選ぶと良いでしょう。一方、自分で梱包作業などはできるからとにかく料金がリーズナブルな業者を見つけたいという場合には、料金重視で業者選びをすることになります。

引っ越すと言っても何を優先にして業社を選ぶかによって、選び方のポイントが変わってきます。

漠然と「ココに使用かな」「こちらの業者の方が知名度があるな」という決め方だと、後から後悔することになりかねないので注意してくださいね。

サービスで選ぶ場合

引っ越し会社をサービスで選ぶ場合には、それぞれの業者からどんなサービスがラインナップされているのかをチェックしてから、自分自身の持ち物やライフスタイルに合わせてどんなサービスを利用するかを決めていくことになります。

例えば、家財道具が多い世帯なら、自分たちで梱包するのは大変な作業量になってしまいますから梱包サービスを利用したほうが時間的にも労力的にもかなり助かります。

また、ピアノを持っている場合には、一般の引っ越し業者の中には取り扱っていない所もありますので、ピアノの搬送にも対応している業者を選ぶか、もしくは引越しとは別にピアノの搬送のみを依頼するか、または引越しに際して処分するなどの対応を決めることになります。

私が引っ越した時にもピアノがあったのですが、引越し先の家が狭いということや、誰も弾いていないので場所を取るだけのデコレーションになっていたということもあり、引越しのタイミングで欲しいという方にお譲りしました。

さらに、エアコンや衛星放送のアンテナなど、取り外して持っていく場合などには、引っ越し業者に依頼するのか、それとも専門業者に依頼するのかを決めたうえで、引っ越し会社が提供しているサービスを選ぶことが必要です。

料金で選ぶ場合

料金を少しでも安く抑えたいという人は、料金を安くする代わりに自分自身がフレキシブルになることをあらかじめ理解することはとても大切ですし、料金を安くする代わりに自分でいろいろな作業や手間をかける覚悟を持っているようにしましょう。

例えば、私が引っ越した時にもそうだったのですが、引越しの中で意外とコストがかかるのは梱包作業です。家財道具がそれほど多くない単身世帯なら、スーパーやホームセンターから箱を調達すれば、自分1人で十分に梱包できると思いますが、家族世帯になると家財道具の量が増えるので、できるだけ早くからマイペースで始めることが必要ですね。

それと、引っ越し料金は朝便とか週末便だとお値段が割高になっています。料金を少しでも安く抑えたい時には、この辺も可能な限りフレキシブルになるのがオススメで、朝便ではなく午後便にするとか、平日にお休みを取って引っ越すという工夫をすることで料金面を少し安く抑えられます。

午後便だと、朝便の引っ越しが終わってから作業員の方が来てくれるので、場合によってはスタート時間が遅くなってしまうことがあるのですが、そこらへんはフレキシブルに対応するように心がけて、作業員の人が来るのを待っている時間はぶらぶら暇を持て余さずに掃除の時間にするなどして時間を有効に活用する工夫をすると良いと思いますよ。

地域によっても住居形態によっても料金は多種多様

引っ越し会社の料金設定は地域によっても違いますし、アパートとかマンション、一戸建てなどの住居形態によっても料金は大きく異なります。

分かりやすい目安としては、引越しの作業員にとって労力が必要になったり時間がかかりそうな場合だと、それが料金にも反映されると考えると分かりやすいと思います。

例えば、同じ集合住宅でも、作業員がエレベーターを使って荷物の搬入出ができるなら料金は安く抑えられますが、エレベーターがついていないために階段を利用しなければいけないとなると、それだけ労力も時間もかかってしまうので料金は高くなります。

引っ越しを安く依頼するための秘訣

さて、引っ越し業者をある程度絞れてきたら、今度はなるべく安く済ませるように依頼を工夫しましょう。

荷物を出来るだけ減らす事

引っ越しを安くするためには、まず最初に不要品を整理して荷物を少なくすることから始めてみましょう。引っ越し料金は、荷物の量に応じて決まるので、もう使わない不要品を減らすことによって引っ越しの料金を安くすることが可能です。

ミニマリストのように極端に断捨離をする必要はありませんが、持っているけれど使っていないものや袖を通していない衣類などは、引越しを機会にして思い切って処分してしまうと、家の中もスッキリしますよ。

処分の仕方ですが、女性の場合だと意外とかさばるのが衣類です。数年前に大好きだった服でも、流行が過ぎ去った今ではもうそでを通していないものは多いでしょうし、年齢を重ねるにつれて体型も変われば服の好みも変わりますし、以前は似合っていた服が似合わなくなるということもあります。

処分する目安としては、1年間一度も袖を通さなかったものを基準として、キープするか処分するかを決めてみてください。

男性の場合、雑誌や書籍、オーディオ関係のアイテムが多かったり、スポーツや趣味のものがたくさんあったりするものです。その中でも雑誌や書籍は、デジタルではなくまだペーパーベースで読んでいるのかどうかを基準にしてキープするか処分するかを決めると良いでしょう。

また、CDやDVDなどのオーディオ系アイテムはずっと取っておきたいという人は多いのですが、あまりにも場所を取りすぎてしまうような場合にはかさばりますし引っ越し料金にも影響するので考えたほうが良いかもしれませんね。

その他、まったく使っていないシーツや毛布類も、使わないのなら場所を取ってかさばるだけなので処分しても良いでしょうし、食器類も「もしかしたらいつか使うかもしれない」というものは、きっと使う機会は訪れないと考えて処分してしまいましょう。

不要品を処分する際には、まだ使えるものならゴミ箱行はもったいないですから、リサイクルショップなどに引き取ってもらうのがおススメです。

量が多ければリサイクルショップが自宅まで引き取りに来てくれたりしますし、わずかでもお小遣いが入ってくることは嬉しいですよね。

私も、引越しのタイミングでいつも家の中を断捨離するのですが、生活しているうちにどんどんモノが増えてしまい、それを処分すると気持ちがスッキリ軽くなりますし、買っても結局捨てる羽目になるのだと思うと、何かを買おうかなと思ってもその気持ちにブレーキがかかりやすくなりましたよ。

引っ越し業者を比較する

引っ越しを少しでも安くするためには、ある程度絞れてきても、新たに複数の業者を比較検討しながら少しでも安く利用できるところを探すようにしましょう。

引越しを希望している日程や曜日によって価格は異なりますし、サービス内容によっても業者ごとに価格が変わるので、全く同じ基準で比べるということは意外と難しいかもしれませんが、改めて比較してみると新たな発見がある事も珍しくありません。

でも、基本的な金額の比較なら、引っ越し一括見積サイトを利用すれば簡単にできますし、どこが安くてどこが高いというぐらいのことなら一括見積サイトを利用するだけで分かるので、だいたいの料金の検討をつける際には目安になると思います。

一般的に、知名度が高い大手の引っ越し業者は、値段的には高めの所が多くなっています。

その分、経験豊かなプロの作業員がシッカリ作業してくれるという安心感はありますし、全国どこでも対応しているなどのメリットはありますけれど、少しでも安くしたい場合には、特定の地域のみに対応している業者とか、条件次第で値段を交渉できる業社とか、また中には利用者自身が作業員の一人として働くことでリーズナブルに引っ越せるという業者もあるので、少しでも安く引っ越したい人はぜひ検討してみると良いですね。

交渉して安くする

大手の業社だと、それぞれのサービスごとに料金がはっきり決まっているので、なかなか交渉するのは難しいかもしれません。

しかし、見積もりを出してくれる営業マンの人は、引越し依頼を獲得するのが仕事なわけで、よその業者に取られてしまうぐらいなら少しぐらい値引きをしてでも顧客獲得したいという意気込みを持って自宅までやってきます。そのため、交渉次第では引っ越し代金を安くすることができます。

料金交渉のコツですが、交渉するためにはまず大体の相場を知らなければいけません。あらかじめ一括見積サイトを利用して料金面でリサーチしておけば、だいたいの目安を知ることができるので、交渉しやすくなると思います。

それと、交渉は時間をかけてのんびり行うものではなく、その瞬間のタイミングや雰囲気によって成立させることがとても大切です。そこで、もしも見積もりを出しに来た営業マンが納得できる料金を提示してくれたなら、その場で引越しの予約をするぐらいの意気込みを持っていたほうが、交渉は成立しやすくなりますね。

例えば、3万5000円と提示された料金を少し安くしたいなという場合には「2万円台なら今ここで契約しても良いのですが」と提案してみれば、場合によっては「厳しいですけど、今契約してくれるなら、じゃあ2万9000円でOKです」となるかもしれません。

投稿日:2016年10月29日 更新日:

Copyright© 引っ越し屋ランキング!おすすめしたい評判の引越し業者 , 2017 AllRights Reserved.