出産後に引っ越しはおすすめできない?!

投稿日:

出産後に引っ越しはおすすめできない?!引っ越しは様々な要因で行われます。たとえば子どもが生まれるから大きめの家に引っ越そうと考える人もいるでしょうし、逆に子育てにかかるお金のことを考えて少し狭くても家賃を抑えようと考えることもあります。

また、夫婦どちらかの家の近くに住居を構えてお互いに頼れる関係になるために引っ越しすることがあります。

夫の転勤というケースばかりが引っ越しの理由ではないでしょう。このとき、子どもが生まれるからその機会に、と考える人は非常に多くいます。

その場合に出産前と出産後のどちらが良いのか悩ましいですよね。では出産前と出産後のどちらが引っ越しするにはいいのか?体験談を交えて紹介していきましょう。

出産前の引っ越しのメリットデメリット

出産前に引っ越ししておくメリットは、荷物が少ないということでしょう。

まだ子どもは生まれていませんから、赤ちゃんに必要なグッズ類はまだ揃っていないはずです。引っ越しは積載量で料金が変わりますので、節約にもなります。

また、出産前であれば無理をしなければ奥さんは充分に引っ越し作業に従事できます。

赤ちゃんや奥さんに負担がかかる場合もあり

逆に、この奥さんが引っ越し作業に参加できるというのが曲者になることがあります。重い荷物は持つことはできませんし、デリケートな身体にさわって体調を崩すリスクがあります。

引っ越し流産という言葉もあるくらい、引っ越しには肉体的・精神的な負担がかかります。

それを考えると、思い切って出産後に引っ越しした方が楽という考え方もあります。

出産後の引っ越しはかなり大変

出産後に引っ越しするメリットは、すでに出産を終えているので、身体には負担が少ないという事です。

赤ちゃんは長時間の移動は厳しいですし、環境の変化で悪影響を及ぼすこともありますが、とにかく出産は終わっているという安心感は、引っ越し作業の助けになります。

出産を控えた身体で引っ越しするのは、妊婦としては不安でしょう。

実際には、出産後の引っ越しはかなり大変です。私は出産直後に引っ越しをしたのですが、かなり大変でした。

引っ越しはそれだけでも大変な作業です。それに加えて赤ちゃんの安全確保にはかなりの気を使わなければなりません。

まだ生まれていない場合には、妊婦だけが気をつけていれば良いのですし、妊婦自身が引っ越し作業をすることも可能ですが、出産直後だったので赤ちゃんの安全や管理のために、ほとんど引越し作業の手伝いはできませんでした。

環境の変化は赤ちゃんの精神状態にも大きな影響を与えます。

引っ越しをきっかけに夜泣きが激しくなることも多いと産婦人科のお医者さんが言っていました。

我が子はそういうことはありませんでしたが、単に幸運だったというだけでしょう。

引越し作業そのものが赤ちゃんの状態に左右されることになります。私自身の荷物の荷ほどき作業は赤ちゃんが寝ているときしかできませんでした。

引っ越しは妊娠中期の安定した時期がおすすめ

引っ越し業者によると、できれば引っ越しは妊娠中期の安定した時期に行うのが良いとされています。

この時期はあまりお腹のぽっこりも目立ちませんし、つわりもなく、比較的動きやすい時期です。

赤ちゃんに合わせて引っ越しの準備をしたり、荷解きの時間を別に取ったりする必要がありません。

特に、身内の誰かに手伝いを頼める場合や、大手の業者のおまかせプランでは、ほとんどお母さんが何もしないでも引っ越しが完了します。

赤ちゃんの世話にだけ集中できるので、産前の引っ越しをすすめる業者は多いです。

ただ、出産後の引っ越しといっても時期によるでしょう。出産して産後の身体を充分に休めた後なら、お母さん自身に元気がありますので、人手として数に入れることができます。

出産後の引っ越しで注意したい事

出産後の引っ越しで第一に考えなければならないのは、生まれたばかりの子どものことです。

子どもは大人が思っている以上にデリケートな存在で、ほんの少しの変化にも戸惑いを覚えます。

引っ越しとなると環境は激変します。精神的なストレスは高いものになります。赤ちゃん自身はまだ言葉はしゃべれませんが、つらい思いをすることが多いと言われています。

長時間の移動は赤ちゃんのストレスを増加させます。引っ越してから様子が変わってしまう子どもは多くいます。私は産科のお医者さんの指導に従いました。

お母さんは常にそばにいてあげることが絶対ということで、しっかり守りました。

引っ越し自体は、夫の転勤だったのでやむを得ません。おおよそ日本の会社は転勤辞令は異動する3ヶ月以上前に出すことになっています。

このときに、妊娠何週間目に引っ越しするのか、産後の引っ越しであるなら出産何日目が良いのか産科医に相談しましょう。お母さん自身の体力や精神力も関係します。

それでも出産後に引っ越ししなければならないときは

思い切って実家にいったん引き上げて出産を済ませて、そこから新居に移るという手段もあります。

出産後は出産で疲労のたまった身体もしっかり休めなければなりませんから、引っ越しで無駄に体力を使ってしまうと回復が送れることもあります。年齢を重ねたときに更年期障害が重くなるケースもあります。

費用はかかりますが、荷造りから荷ほどきまですべて一貫して行ってくれるプランにした方が無難でしょう。

当サイト人気の引越し見積もり業者

引越し達人セレクト

引越し達人セレクトではサカイ、アート、アリさんなど大手引っ越し業者会社から一括比較できます。

見積もりをしても、引越し会社を比較・検討してからの申し込みが可能で、一括見積もりすると引っ越し料金が最大55%OFFになります。




-引っ越しする時期

Copyright© 引っ越し屋ランキング!おすすめしたい評判の引越し業者 , 2018 All Rights Reserved.