間違えると苦労する?!一番効率の良い引っ越し荷造りの順番

投稿日:

間違えると苦労する?!一番効率の良い引っ越し荷造りの順番引っ越しの準備では荷造りにいちばん時間がかかりますよね。

無駄なくスムーズに作業を進めるためには、梱包の順番をよく考えてから作業に取りかかってくださいね。

適当に手近なところにあるものから荷造りしていくと、梱包が終わってから中身を取り出さなくてはならなくなることさえありますよ。

荷造りの順番の基本:あまり使わない部屋・玄関から距離のある部屋から

荷造りの順番は、ふだんあまり使っていない部屋や玄関からいちばん距離のある部屋から始めるのが基本ですよ。

そこから徐々にリビング、キッチンと生活空間に進んでいき、最後に玄関の荷物に取りかかります。

これは、玄関に近いほど、ふだんの生活で使用する機会が多いものが置いてある傾向にあるからですね。

それに、玄関から荷造りを始めてしまうと、引っ越しの日まで荷物を玄関に置いておくことになってしまいますよ。

これでは日常生活の動線を邪魔してしまいます。ですから、ふだん使う機会の少ない、玄関からなるべく遠い部屋から荷造りを始める必要があるのですね。

使う機会の少ないものから優先的に荷造り

また、部屋ごとの荷造りの際にも、使う機会の少ないものから優先的に荷造りしていきましょうね。

たとえば、クリスマスツリーや五月人形、ひな人形のようなイベント以外では使わないものや、扇風機やストーブなど必要な季節以外には使わないものから片付けるとよいでしょう。

奥の部屋から荷造りを始める利点は、まとめた荷物をその部屋にそのまま置いておける点ですね。

引っ越し当日や転居後すぐに必要になるものだけは、別に取り出して手の届きやすいところに置いておきましょうね。

使用頻度の高いものは最後に

使用頻度の少ないものの荷造りを終えたら、次は、「ときどき使う機会のあるもの」、「よく使うもの」、「毎日使うもの」の順に荷造りを進めていきますよ。

ただ、精密機械やインテリアなど壊れものは先に梱包しておいた方が安全ですね。

それ以外は、オフシーズンの衣類やすぐに必要にならない本などから梱包していくとよいです。

キッチンでは、滅多に使わない大鍋やすぐには食べない乾物などを優先的に片づけていき、毎日使う食器や包丁は最後に梱包します。

特に包丁は、荷解きの際に紐やビニールを切るのに便利で、また、どこにしまったかわからなくなると危ないこともあるので、すぐに取り出せるように最後に片づけるようにしてくださいね。

最後に荷造りして最初に荷解きするもの

あと、忘れがちなのが毎日必ず使うものの扱いですね。

引っ越し当日も必ず使うような、皿や箸、歯ブラシ、トイレットペーパーまでダンボールに詰めてしまうと、取り出すときにたいへんですから、毎日使う生活必需品は別にダンボールを一つ用意して、そこにまとめておきましょう。

ほかにも、タオル、洗剤、スポンジ、ビニール袋、雑巾などは、荷造り作業の最後の段階で一つにまとめておく方がよいですよ。

私の経験上、タオルとトイレットペーパーだけは、すぐに取り出せるようにしておくことをおすすめしますね。

というのも、引っ越し業者に依頼する場合、作業に当たってくれる人のために、トイレをすぐに使ってもらえるようにしておきたいからです。

作業の合間にお茶などを出すために、コップなどもすぐに取り出せるようにしておくとなお良いでしょう。

あと、引っ越し中には必ずごみが出ますから、ごみが入れられるようにダンボールを1箱用意しておくと便利ですよ。

市外に引っ越す場合は、今まで使っていたごみ袋にはごみを捨てない方がよいです。

ごみ袋は自治体によって指定の袋が決まっているので、引っ越し後に用意して後から詰め替えましょうね。

荷解きの順番

荷物を開ける順番は、梱包のときのように使用頻度で決めるのではなく、片づける場所が決まっているものを優先します。

荷解き作業は、たくさんのダンボールに囲まれて行うことになるので、片づける場所が決まっていないものを先に開けてしまうと、作業が進むほどに身動きが取れなくなってしまいますよ。

洋服ダンスや食器棚など、入れるものが決まっているものを優先的に取り出しましょうね。

これは、家族での引っ越しなら、全員で協力して片づけられるというメリットもありますよ。私の家族が引っ越しする際は、誰もが片づけ場所のわかる食器類のダンボールを最初に開梱するようにしています。

また、衣類も早く片づける方がよいのですが、オフシーズンの衣類より、下着のような毎日必ず使うものを優先的に取り出してくださいね。

荷解きの際の心構え

新居に荷物を運びこんだら、なるべく早くすべてのダンボールを開けることをおすすめしますよ。

できれば、1週間以内にすべての片づけを終えるつもりでやってほしいですね。

というのも、たとえば1カ月もダンボールのまま荷物を放置していると、そのまま開けることなく何カ月も何年も納戸や押入れの隅で眠らせてしまう可能性があるからです。

私は自分の家の引っ越しで、何度もそれを見ています。

もしくは、1カ月以上経っても開ける必要のない荷物は、今後使う機会が訪れることも考えにくいので、思い切って処分してしまってもいいかもしれませんね。

当サイト人気の引越し見積もり業者

引越し達人セレクト

引越し達人セレクトではサカイ、アート、アリさんなど大手引っ越し業者会社から一括比較できます。

見積もりをしても、引越し会社を比較・検討してからの申し込みが可能で、一括見積もりすると引っ越し料金が最大55%OFFになります。




-引っ越しの下準備

Copyright© 引っ越し屋ランキング!おすすめしたい評判の引越し業者 , 2021 All Rights Reserved.