引っ越しした場合のパスポートの変更方法

投稿日:

引っ越しした場合のパスポートの変更方法引越しをすると、様々なものに関する住所変更の手続きを行わなければなりません。

例えば、自動車免許証の住所変更や、銀行の住所変更などです。では、パスポートの変更手続きはどうなるのでしょうか。

単純に引越しだけを行った場合

引越しを行う場合、単純に引越しだけを行う場合と、引越しと共に本籍地を変更する場合と、引越しと共に氏名が変わる場合があります。

どの場合に当てはまるのかによって、引越しした場合のパスポートの変更の仕方が異なります。

まず、単純に引越しだけを行った場合、特にパスポートの変更に関する手続きは行わなくて良いです。

「え?でも、裏表紙中面に所持人記入欄で住所の記載があるけれど」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それは単純に誰が持っているのかということを示すだけなので、特に変更手続きは必要ありません。

気になる方は、二重線や修正テープで旧住所を消した後、その上から新しい住所を記入すればOKです。

これを行う際には、住所記入欄以外のページには記入したり消したりしないようにしましょう。

私のパスポートも、修正テープで修正しています。こういうように、パスポートの住所は自分で訂正することができるということから、住所証明としての役割を果たしません。

引越しと共に本籍地を変更する場合と氏名が変わる場合

引越しと共に、本籍地や指名が変更となる場合、パスポートの変更を行わなければなりません。

それは、パスポートには本籍地と氏名の記載が求められているからです。

ただし、本籍地に関しては同一県内の引越しであれば、変更をしなくても良いです。氏名が変わる場合には、必ずパスポートの変更をしなければなりません。

本籍地や氏名の変更でパスポートを変更する場合、一度パスポートを返納しなければなりません。

したがって、新婚旅行などでパスポートが必要な場合には、旅行から帰ってきてからパスポートの氏名変更手続きを行うか、旅行に間に合わせるように手続きを済ませておくかのどちらかになります。

私も結婚をして名字が変わった際に、新婚旅行でハワイに行きましたが、入籍してから半年経って新婚旅行に行ったので、それに間に合うようにパスポートの変更手続きを行いました。

パスポートの変更を行うにはどんな書類が必要なのか

氏名や本籍地が変わってパスポートの変更を行う場合、どんな書類が必要なのでしょうか。

それは、現在持っているパスポートに加えて、氏名が変わったことを証明するものや、本籍地が変わったことを証明するものが必要になります。

では、具体的に何が必要なのでしょうか。

まず、記載事項変更用の一般旅券発給申請書が必要になります。一旦手持ちのパスポートを返納してから、記載事項を変更することになるので、そのための申請書が必要になります。

あらかじめ、取り寄せてから記入済みのものを持っていくと良いでしょう。

戸籍謄本または戸籍抄本が必要

次に、氏名や本籍地が変わったことを証明することができる書類が必要になります。それが戸籍謄本または戸籍抄本です。

どちらでも構いませんが、戸籍抄本は自分が出したい戸籍の情報だけを記載することができるので、「戸籍の全部が記載されているものはちょっと」と思う方は、戸籍抄本でも良いでしょう。

それから、住民票の写しが必要になります。これは、コピーではダメなので、必ず原本を提出するようにしましょう。

住民票は、自分の身分証明のため、現住所を確認するために必要です。

そして、パスポート用の写真が必要になります。手持ちのパスポートは一旦返納して、氏名や本籍地が変更されたパスポートが改めて発行されることになります。

そのため、新しい写真を提出する必要があります。

パスポートの氏名や本籍地を変更する場合には、手持ちのパスポートに加えて、以上4つのものが必要になります。

さらに、氏名を変更する場合には、新しい名字の印鑑も準備しておくようにしましょう。

もし、どういったものが必要であるのか分からなくなった場合には、パスポートの発行を担当している各都道府県の申請窓口に連絡をすれば教えてもらうことができます。

氏名や本籍地が変更となる場合ってどんな場合

本籍地は、例え引っ越しと共に住所が変更となったとしても、変更する必要がないので、自分の好きなタイミングで好きな場所を本籍地とすることができます。

実際に私も、本籍地は生家なので、住所とは違う場所に置いています。

住所と本籍地の都道府県が違うという方も非常に多く、憧れの場所に本籍地を置いている方もいらっしゃいます。

氏名が変更になる場合でメジャーなのは、結婚をする場合です。

結婚をすると、どちらかの姓を名乗ることになるので、片方は必ず氏名が変更となります。養子縁組の場合にも、名字が変わって氏名が変更となりますね。

また、家庭裁判所の許可を得ることができれば、名字や名前を変更することができます。

そのため、家庭裁判所の許可が出た場合にも氏名が変更となります。

当サイト人気の引越し見積もり業者

引越し達人セレクト

引越し達人セレクトではサカイ、アート、アリさんなど大手引っ越し業者会社から一括比較できます。

見積もりをしても、引越し会社を比較・検討してからの申し込みが可能で、一括見積もりすると引っ越し料金が最大55%OFFになります。




-引っ越し手続き

Copyright© 引っ越し屋ランキング!おすすめしたい評判の引越し業者 , 2021 All Rights Reserved.