妊娠中に引っ越しするメリットは身動きが取れること

投稿日:

妊娠中に引っ越しするメリットは身動きが取れること妊娠中の引っ越しは何かと不安なものですが、出産後よりもメリットが高いと言えます。

出産後に赤ちゃんを抱えて引っ越し作業をするのは非常に困難で、両親や親戚などの手伝いなしに夫婦だけで引っ越しをするのは無謀です。

そこに、もし小さいこどもがいたら、誰かの協力を仰がない限り不可能でしょう。

小さい赤ちゃんは常にお母さんの手の届く場所に置かなくてはいけませんし、何かあったらすぐに対処できなければいけません。

単に子育てするだけでも大変な手間がかかるのに、そこに引っ越しが加わると事実上お母さんは何もできないと考えられます。

私は夫の転勤が決まってから出産日との兼ね合いを考えて妊娠中に引っ越しをしました。

まだ赤ちゃんがお腹の中にいたので、注意は必要ですが荷造りや引っ越しの手続きなどは自力で可能でした。

妊娠中の引っ越しメリットは荷物が少なくて済む

妊娠中と出産後を比較すると、妊娠中の方が遥かに荷物は少なく済みます。

赤ちゃんを世話するためのグッズだけでなく、引っ越しに伴うリスクを回避するための道具も必要ありません。

赤ちゃんがいれば、たとえばベビーサークルなどを使って保護する必要がありますし、赤ちゃんのためのおもちゃやベビーベッドなども必要ですが、妊娠中であれば引っ越し先で調達すれば良く、引っ越し荷物は少なくなります。

荷物の量は引っ越しにかかる料金に直結しています。荷物が少なければその分安上がりになります。この点もメリットと言えるでしょう。

私は妊娠していたので無理はしませんでしたが、それでも簡単な荷造り程度であれば充分に可能でした。

妊娠初期は不安も伴いますが、安定期に入れば、ある程度の運動であれば問題はありません。

また、引っ越しでは男性である旦那さんが重い荷物を担当したり、引越し業者と一緒に荷物の搬出・搬入などをしますが、女性は住所変更などの手続きに回るケースが多くあります。

この点でも妊娠中の方が遥かに動きやすかったと思います。

赤ちゃんが生まれることを事前に知らせることができる

引っ越ししてみて分かったことですが、引越し先の隣近所の人たちに赤ちゃんが生まれることを事前に知らせることができるというメリットもありました。

妊娠中に引っ越しして挨拶に行くと、必ずその話題に触れることになります。

その際にも、近所の人たちに心の準備ができることになります。

子どもは思った以上に周囲の人たちにとっては騒音となります。妊娠中から交流があれば、理解してもらえる可能性も高まります。

妊娠中に引っ越しのデメリットは体調が安定しない

妊娠中に引っ越しするデメリットとしては、体調が安定しないことが挙げられます。

妊娠中の身体は非常にデリケートですよね。引っ越しの忙しさから体調を損なうリスクは常に存在します。

引っ越し作業はいったん始めたら中断することはできません。

引越し先に荷物をすべて搬入するまで完了できないので、何かあった場合のリスクは充分に考慮しておきましょう。

私は夫にある程度任せて、疲れたら休むことにしていました。作業時間も余裕を持っておいて良かったと思っています。

出産のための場所も新たに探す必要がある

また、引っ越し先での出産のための場所も新たに探す必要があるというのもデメリットでしょう。

妊娠したら必ず母子手帳が交付されますし、産科に通院することになりますが、引っ越ししたらその先で次の産科医師を探さなくてはいけません。

近年は産科医不足が深刻な状況になっており、場所によっては近所に出産できる病院がないということもあり得ます。

引っ越しをしたのは良いが、出産できる場所がないという事態も起こりかねません。

私は以前の産科医から紹介されて引っ越し先での産科医の予約を取りました。引っ越し前に確保しておいた方が良いですね。

引っ越し作業が一段落したら診察に行くことがおすすめです。

妊娠中の引っ越し時期は妊娠中期の5ヶ月から7ヶ月くらいがベスト

妊娠中に引っ越しするには、まず病院の転院を確認しておきます。

病院によっては初診時期を区切っているところもあります。ある程度の期間が経たないと診察を受け付けてもらえません。充分な確認が必要です。

転居先では、今までの母子手帳を使うことになりますので、引っ越しの荷物に紛れて失くしてしまうということがないように注意します。

引っ越しの時期としては、妊娠中期の5ヶ月から7ヶ月くらいがベストです。

私は妊娠20週目で引っ越ししました。この時期を狙って早めに業者を予約しておきました。この時期は体調が安定してましたし、また引越し先での病院の確保もしやすいです。

また、赤ちゃんグッズはほぼ未購入の状態のことが多く、荷物が少なくて済みます。

体調が安定しているというのは非常に大きなメリットで、妊娠中期はつわりが収まっており、流産の確率が非常に少ない時期です。お腹がポコッと大きくなるのはまだこれからです。

そのため無理をしなければ動きやすく、また自分のことは自分でできるという時期にあたっています。

夫の転勤による引っ越しであれば、たとえば4月転勤であれば前年の12月には転勤の辞令は出ているでしょう。日本の会社の習慣としてはそのくらいが通例です。

妊娠しているのであれば、妊娠16週を過ぎたあたりを狙って引っ越ししましょう。

この時期は体調不良を起こす心配もぐっと減ります。産科医では一般的に妊娠20週あたりから出産の予約を受け付けています。妊娠中期に引っ越しておくと予約も入れやすくなります。

当サイト人気の引越し見積もり業者

引越し達人セレクト

引越し達人セレクトではサカイ、アート、アリさんなど大手引っ越し業者会社から一括比較できます。

見積もりをしても、引越し会社を比較・検討してからの申し込みが可能で、一括見積もりすると引っ越し料金が最大55%OFFになります。




-引っ越しする時期

Copyright© 引っ越し屋ランキング!おすすめしたい評判の引越し業者 , 2021 All Rights Reserved.