「家電レンタル」と「購入」引っ越しするならどっちがいい?

投稿日:

「家電レンタル」と「購入」引っ越しするならどっちがいい?最近じわじわ人気を集めている家電レンタルですが、家電レンタルを利用する場合と家電をすべて購入する場合では、どちらが安くつくでしょうか。

どちらを安く感じるかは利用期間、利用する人の生活スタイルや価値観にも左右されます。

家電レンタルと購入する費用を比較

家電レンタルは1点からでも利用できますが、引っ越し用のレンタルパックを利用すると費用を安く抑えられます。

一人暮らしで引っ越しの日に冷蔵庫・洗濯機・電子レンジ・テレビを買い揃える場合を例にとってみましょう。

一人暮らし用の冷蔵庫の相場は2~3万円、安い物で1万円、高い物は5万円くらいです。

洗濯機の相場も2~3万円。電子レンジの場合は幅があって2~10万円。テレビは10~25万円の液晶テレビが人気です。

家電リサイクル法で規定されているリサイクル料が冷蔵庫で4,000円前後、洗濯機とテレビは3,000円前後ずつ必要です。

これを家電レンタルパックでそろえてみると、例えば株式会社あるるの液晶テレビセットなら、容量90L前後の冷蔵庫+容量4.2kgの洗濯機+電子レンジ+24型ワイド地デジ対応液晶テレビのセットが半年契約一括払いで5万円くらい、1年契約なら月々5,000円程度なのでトータルで6万円、2年契約なら月々4,000円程度になるのでトータルでは10万円弱です。

大学在学中の4年間使うなら、2年契約を2回繰り返して20万円弱。住む期間が短ければ短いほど、家電レンタルを利用した方が安くなり、処分費用まで考えると4年より短ければ家電レンタルに軍配があがります。

あるるには「5/12基本家電セット」というサービスもあり、冷蔵庫、洗濯機、電子レンジ、スティック型掃除機、加湿器、照明器具、19型液晶テレビ、DVDプレーヤー、コーヒーメーカー、3合用炊飯器、電気ケトル、扇風機の12品目の中から5品目を選んでレンタルします。

半年契約なら一括払いで4万円強ですから、冷蔵庫と洗濯機だけでも元が取れますよね。

引っ越し以外にも便利な家電レンタルの活用法

扇風機は基本、夏しか使いませんし、こたつや電気カーペットも冬しか使いませんよね。

花粉のひどい時だけ空気清浄器を使いたい人もいるかもしれません。使わない家電は使わない期間どこに置きますか?

単身赴任や大学生用のアパートの場合、ワンルームで収納などのスペースもあまり充実していないことが多いです。

電気カーペットや扇風機は反対の季節には活用するシーンがほとんどなく、使わないシーズンはかなり邪魔になるんです。

これを家電レンタルでまかなう場合を考えてみましょう。

株式会社あるるの家電レンタルサービス

株式会社あるるの家電レンタルサービスで検証します。

ホットカーペットの1カ月のレンタル料金は3畳用で1万円強、3カ月なら1万2,000円弱です。ホットカーペット3畳用を購入すると1~3万円。安い物なら5,000~6,000円でも購入できます。

でも、置くスペースや処分する手間を考えると、2シーズンしか利用しないなら家電レンタルを利用するメリットがありますよね。

セラミックファンヒーターなら、1カ月のレンタル料金は3,000円強、3カ月なら4,000円弱です。

基本のセラミックファンヒーターの相場が7,000円前後であることを考えると、2シーズンしか使わないのであれば、購入するよりレンタルしたほうがお得です。

家電レンタルは経済的な負担が少ない

職場の先輩の娘が東京の大学に進学した時は、大学の入学費と授業料の前期分で130万円、東京のワンルームマンションを借りるのに50万円かかったと言っていました。

女の子なので、家で料理や洗濯もするからと一通りそろえたら20万円を軽く超えてしまい、1カ月の間に200万円ほどの支払いがあって大変だったそうです。

家電レンタルを利用すると、リボ払いのように毎月数千円ずつの支払いになるので、経済的な負担が少なくて済みます。

また、大学進学では、受験まで模試や予備校通いなどで子どもは忙しく、合格発表から入学式までの期間が短いので、家をゆっくり探す暇もないほどです。

冷蔵庫や電子レンジなどはできれば気に入ったデザインや機能をじっくり選びたいものですが、共働き世帯では子どもの買い物に付き合う時間を取るのが難しい親もいますよね。

家電レンタルなら、インターネット上で必要な物を選び、引っ越し当日にすべて設置してもらえますので、引っ越しのストレスから親も子も守られますよ。

また、卒業して実家に戻るとか、大学とは違う都市に就職することになった場合、冷蔵庫や洗濯機などの大物家電を引っ越し荷物に含めなくて良いので、身軽に引っ越しできますよね。

自分の服と布団、教科書と食器くらいの荷物なら、引っ越しトラックを手配しなくても、家族の車か普通のレンタカーで引っ越しできるかもしれません。

当サイト人気の引越し見積もり業者

引越し達人セレクト

引越し達人セレクトではサカイ、アート、アリさんなど大手引っ越し業者会社から一括比較できます。

見積もりをしても、引越し会社を比較・検討してからの申し込みが可能で、一括見積もりすると引っ越し料金が最大55%OFFになります。




-豆知識

Copyright© 引っ越し屋ランキング!おすすめしたい評判の引越し業者 , 2021 All Rights Reserved.