引っ越しで家具に傷をつけられた時や紛失した時はどうしたらいい?

投稿日:

引っ越しで家具に傷をつけられた時や紛失した時はどうしたらいい?引っ越しでは、今ある家具から本、ベッド、ソファなど生活に関わるすべての所有物を人の手で移動させます。

これは担当する人が行うものですので、トラブルが起きる可能性は常にあります。

家具が傷つくのを完全に防ぐのは不可能

紛失や破損などを被る可能性をゼロにすることはできません。できる限りトラブルは避けたいところですが、人が介在する以上仕方のない面があります。

たとえば大切に使ってきた家具があったとして、それを細心の注意で運んで欲しいと依頼しても、傷が付かずに運べる可能性は100%ではありません。

どのような引っ越し業者であれ、この危険性については公式ホームページなどで触れています。

引っ越しでは狭い廊下を通ることがありますし、玄関や階段、部屋の入口などで家具に傷がつくことがあり得ます。

プロの引っ越し業者が腕利きを集めても、どうしようもないことはあります。

傷つけたくない家具があったら、依頼すれば厳重に密封して慎重に運ぶことになります。傷が付く可能性を限りなくゼロにしていきます。

こういったことを依頼して確実に実行してもらうには、大手のプロの引っ越し専門の業者に必ず依頼するようにしましょう。

たとえば街の便利屋などが引っ越し業務も兼ねていることは多くありますが、大切な家具に傷をつけたくないのであれば、なるべく大手の業者に依頼します。

私も大切にしている家具があったので大手の専門業者に依頼しました。大手の業者は、何かあった場合の保証もしっかりしています。

搬出からしっかり確認

傷つけたくない家具を引っ越しで移動する際に、人に任せるときには搬出前にその家具がどういう状態だったのか確認することが必要です。

搬出する前の作業員に対しても、破損があるかどうかを確認してもらいましょう。

私は業者の営業マンに大切な家具であり、傷を付けて欲しくないという話をしました。その場で写真を撮って確認もしました。

目を離したときに運ばれてしまったとなると、それだけでトラブルの原因となるため、その場に所有者がいなければわざわざ呼びに来てくれます。

その際に、傷がないかどうか、もし少しでも元から傷があったらそれはどの程度なのかを両者で確認しあいます。

これは重要な確認作業なので、充分に行っておきましょう。自分自身の勘違いを防ぐためにも重要です。

家具の状態をカメラで撮っておくのもあり

引越し前からあった傷であるのに、引っ越しが終わった後に気づいてクレームを付けてしまっては、自分自身も業者も気分が悪いでしょう。家具の状態をカメラで撮っておくことは非常に役立ちます。

引っ越しの当日はバタバタと忙しくなります。前日までにカメラに家具の状態を収めておきましょう。もし傷を付けられてしまった場合にも、業者に対する証拠として使うことが可能です。

また、引っ越し先への搬入作業が終わったら、早めに確認しましょう。引っ越しの作業員とともに確認した部分以外で傷があった場合には、作業のミスで付いたものであると両者で確認できます。

引っ越し業者からの補償はある?

引っ越し荷物が破損したり、傷が付いたりした場合には、修理できるのものは修理をして、修理が不可能なものであれば相応の代替品や金銭による補償を受けることが可能です。

引っ越しでは必ず契約書を交わすことになっており、そこに記載があるので確認しておきましょう。

大手の業者では、お客さんが大切にしている家具があるという場合には、搬出時と搬入時に作業員とお客さんの双方で傷をつけずに運べたかどうか確認するようにしています。

見積もりのときに来る営業マンには、最初から傷をつけられては困る家具があることをしっかり伝えましょう。

大手ではそういった対処に慣れた作業員がいますし、傷を付けずに運ぶノウハウもあります。

また、引っ越しして時間が経ってから家具の傷に気がつくというケースもあります。こういった荷物事故と呼ばれるケースでは、3ヶ月以内に申告する必要があります。

引越運送約款という法律で、引越し業者は引越し作業後3ヶ月以内に申告された家具の破損について、それが引越し業者側の責任であると認められるときには、1年以内に補償することが定められています。

アート引越センターやサカイ引越センターなどの大手には特別補償制度も設けています。家財保険として活用できますので、相談してみると良いでしょう。

このときも、申告は3ヶ月以内です。引っ越し作業が終わったら、まず作業員と一緒に確認作業をするだけでなく、その後もよく点検してみましょう。

そのとき、搬出前に撮影しておいた画像が役に立ちます。大手は誠意を持って対応してくれるところがほとんどですが、業者によってはクレームを入れてもさっぱり以後の連絡がないということもあります。

業者が取り合ってくれない、補償内容に納得がいかないという場合には、消費生活センターや全日本トラック協会などに相談してみましょう。

このような第三者機関を通すことによって話は、面倒になりますが確実な対応をしてもらうことができます。

家具についた傷についての法的な解決には時間がかかることもありますので注意しましょう。

当サイト人気の引越し見積もり業者

引越し達人セレクト

引越し達人セレクトではサカイ、アート、アリさんなど大手引っ越し業者会社から一括比較できます。

見積もりをしても、引越し会社を比較・検討してからの申し込みが可能で、一括見積もりすると引っ越し料金が最大55%OFFになります。




-引っ越しトラブル

Copyright© 引っ越し屋ランキング!おすすめしたい評判の引越し業者 , 2018 All Rights Reserved.